2014年01月14日

2014年、今年の抱負は・・・


新年あけすぎてしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。


ここの所更新が途絶えていたのはいつもの「忙しさにかまけて」ではありません。

少々気落ちしていて更新する気になれなかったのです。


実は
1217日に父が他界しました。


連絡を受けたのは東京に帰る車中でした。

前の晩遅くまで福島県いわき市で復興計画作りのための市民討議会の実行委員会があり、一泊した翌朝の帰りだったのです。

続きを読む
posted by こばりけんいち at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民参加について

2013年11月17日

市民討議会開催のアドバイスについて

またもご無沙汰となってしまいました。

年明けに日経出版より出る本の原稿を書いたり、
市民討議会の応援や講演を行ったりと
色々活動していました。

あ、もちろん本業の仕事もしてますよ。
研修や人事コンサルの仕事。


さて、この時期になるとお問い合わせをいただくのが、
「来年度市民討議会を開催したいのですが…」
というお話です。

自治体の予算づくりが12月中なのと、
青年会議所等の団体が年度引継ぎを始める関係です。

基本的に、一度でも講演等のご依頼をいただいた先に対しては、
次回開催まで電話やメール等でフォローさせていただいています。

最近は、アドバイサー契約をしたいというご相談もいただくようになりました。

続きを読む
posted by こばりけんいち at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の考察

2013年08月06日

企業のイノベーションにも使える!?

市民討議会に関わってから・・・正確に言えばプラーヌンクスツェレのことを知ってから・・・ズーット気になっていたことがあります。
それは、この手法が持っている特性や効果を企業活動やその他の組織の活性化に活かすことはできないかということです。
私はかれこれ二十年近く企業や自治体の研修を行い、生業としてきました。その経験からきちんとした調査・企画・運営管理ができるのならば、この手法は企業の研修&組織改革コンサルテーションとしても有効に機能するのではないか、と考えました。
続きを読む
posted by こばりけんいち at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の記事

2013年07月11日

市民の中に眠る宝を掘り起こせない理由

自治体においては、様々な計画事項を民意に沿って実行してくことが理想です。
私がかつて、研修や市民討議会などで出会った職員の方々はみなさんそれぞれにたいへん優秀な方々が多かったです。民間の上場企業と比べても、優秀さと仕事に対する真摯さと生真面目さは決して引けを取らないと思います。しかし、残念な点もいくつかあります。それは、

続きを読む
posted by こばりけんいち at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民参加について

2013年05月22日

自治体の住民説明会は残念なものが多い

いきなり批判で始まったかのようなタイトルですが、別に自治体の住民説明会を批判しようというのではありません。もっと工夫を凝らしてちょっとした改善を行うことによって、より良い説明会が開催できる可能性が高いことを少しお話ししましょう。

よくある住民説明会のパターンは

◎座席レイアウト・・・スクール形式が多い
司会に担当部局の課長補佐、正面の座席に課長と部長が座る。
市民は説明者に対して『対峙して座る』

↓図にするとこんな感じです
setsumeikai.jpg

◎タイムテーブル
司会者から全体説明、課長から趣旨説明と詳細な話。最後に質疑応答。質問には場合によっては部長が対応。
時間が来たら即終了。

さて、上記のどんなところに問題があるかというと・・・

続きを読む
posted by こばりけんいち at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民参加について

2013年05月14日

市民参加ってなんだろう

最近、市民参加の在り方と権力について考える機会を頂きました。
とあるまちで、住民運動を主導している市民の方とお会いした時です。
市民参加のことについて
「いろいろな手法があるけれども、真の意味での市民が参加して政策が決定されるというものは一つもない」
とおっしゃっていました。
「市民が参加してどんなに意見を言ったところで、最終的には議員や首長が決定権を持っており、これでは市民参加とは言えない。我々こそが主権者であるはずであるのだから我々が決定権を持つべきである。今の政治のあり方はおかしい。」

というお話でした。
続きを読む
posted by こばりけんいち at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民参加について

2013年04月10日

一年ぶりです

もう閉鎖いたのか…。そう思われても仕方がないくらいブログの更新を行っていませんでした。
仕事が忙しかったというよりは、新たに別の仕事外の活動を始めたからです。
詳しくはリンクの
「軍事研究者の部屋」をご覧ください。

この一年で、市民討議会に対する考えや市民参加・ミニパブリツクスに関する勉強も少し進んだ気がします。
今後このブログでは、市民討議会に限らず、市民参加やローカルマネジメントを含めたまちづくりの話などもしていきたいと思います。
続きを読む
posted by こばりけんいち at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民参加について

2012年04月08日

「くじは政治を変える?」を読んで

 2012年4月7日付の朝日新聞13面「争論」において、「くじは政治を変える?」というタイトルで、市民討議会が大きく取り上げられています。清原三鷹市長が賛成の立場で、細川札幌市議が反対の立場で述べていますが、いやいや、それぞれの主張内容の中身がなかなか濃くて流石と言うしかありません。
まあでも、「くじ」と言うのはどうですかね。市民討議会のイメージと「くじ」と言うイメージがあまりにもかけ離れていて。朝日新
聞さん、もう少しスマートな表題考えられませんかね?「くじ」はちょっと違うような気が・・・次回に期待しています。


 清原市長のお話はやはり市民参加の中から生まれた市長らしい内容で、たいへんわかりやすくかつ説得力のあるものです。
それに対する細川市議の指摘もなかなかです。良く市民討議会のことを調べていらっしゃるだけでなく、民主主義とはなんであるか
、民意とはなんであるかを深く理解している方ではないかと思いました。
今回は特に細川正人議員の、「コーディネイターによる誘導」のご指摘に注目したいと思います。

続きを読む
posted by こばりけんいち at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の考察

2012年02月09日

新刊2冊の紹介

相変わらずとびとびのブログですみません。
本日は本の紹介を・・・。



と、その前にご報告を。
新宿区の第2回目の市民討議会(区民討議会)の詳細報告書が年末にUPされました。
詳しくは以下のページからダウンロードしてみてください。
http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/kikaku01_001052.html


さて、本日は新刊の本の紹介を二冊ほど。

続きを読む
posted by こばりけんいち at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の考察

2011年12月03日

第2回新宿区民討議会について

もう本当にご無沙汰になってしまいました。半年ぶりくらいですねー。
実は9月〜11月は本業の仕事と市民討議会のことでかなりの忙しさで・・・。
と、何を言っても言い訳じみてしまうのでやめておきましょう。

さて、今年も新宿区の区民討議会が開催されました。またまた有識者として声がかかり、またまた準備会の会長を勤めさせていただきました。開催は10月22日(土)、23日(日)の二日間、1日3コマ、全6コマを55名の区民の方が討議しました。
詳しい内容については報告書の概要版が新宿区のホームページにありますのでご覧ください。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/kikaku01_001052.html

今回は第2次実行計画の策定と言うことで昨年と違い、準備会は職員の方3人と私を含む3人の有識者合計6名で構成されました。続きを読む
posted by こばりけんいち at 03:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 市民討議会の記事