2013年08月06日

企業のイノベーションにも使える!?

市民討議会に関わってから・・・正確に言えばプラーヌンクスツェレのことを知ってから・・・ズーット気になっていたことがあります。
それは、この手法が持っている特性や効果を企業活動やその他の組織の活性化に活かすことはできないかということです。
私はかれこれ二十年近く企業や自治体の研修を行い、生業としてきました。その経験からきちんとした調査・企画・運営管理ができるのならば、この手法は企業の研修&組織改革コンサルテーションとしても有効に機能するのではないか、と考えました。

数年前、懇意にしているお客様の会社で「討議型イノベーション研修」として試験的に実施させていただきましたが、予想以上の結果が出ました。組織内の風土とメンバーのコミュニケーションに大きな前向きの変化が起こり、結果として業績も向上しました。もちろん、他のコンサルティングの手法や個人に対するカウンセリングなどを複合的に取り入れての結果なので、プラーヌンクスツェレを参考にした社内討議だけでこの結果を出せたわけではありません。しかし、通常のコンサルティングメニューでは実現しえなかったスピードで充実した成果を出せました。

残念ながらその後まったくPRしなかったためにこれ以外の事例はありません。ちょうどこの直後に東日本大震災が起き、企画はお蔵入りになっていました。

しかし、先日ふとしたことがきっかけで、この「討議型イノベーション研修」にもう一度光を当てたいと思うようになりました。この研修の売り上げの一部(20%を予定)を市民討議会普及の活動資金にして、さまざまな支援をするための財源にしようと考えたのです。市民参加の手法を応用した企業研修で資金を得、それを市民参加の普及に活用しようというのです。

もし、みなさんの会社や所属する組織・団体で、みんなが意欲を持って働ける環境を作りたい、風通しの良い生き生きした職場環境を創りたいと思っている方がいらしたら、是非声をおかけください。
この「討議型イノベーション研修」は目的別にセミオーダーが可能ですので、さまざまなご要望にお応えできると思います。

例:新商品開発、組織改革、新入社員OJT研修のまとめ、職場カイゼン会議、さまざまな課題解決、幹部養成、人事制度策定・改定、など

市民討議会の事例は300件以上ありますが、上記に書きました通り研修としての事例は1回のみで無いも同然です。そのため、年内一杯はお試し期間としてお見積額の20%引きでご提供させていただきます。

下記にパンフレットをUPしましたので、よろしければダウンロードしてご覧になってみてください。(中身を見るためには
AcrobatReaderが必要です)

討議型イノベーション研修.pdf

ダウンロードできなかった方は、こちらのフォームから「討議型イノベーション研修の資料希望」と書いて送っていただければ、必ず送付させていただきます。

みなさまからのご連絡、お待ちしております。
posted by こばりけんいち at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71915356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック