2010年03月24日

新宿区区民討議会

 さて、今回は話題を変えて新しい市民討議会開催に関する情報です。
現在東京都新宿区では、区議会議員、区職員、公募区民によって新宿区自治基本条例の制定に向けて2年以上にわたって議論を重ねています。そして、今年の5月にも骨子案がまとまる予定です。
この骨子案について市民討議会(区民討議会)を開催し、より充実した内容の自治基本条例制定に生かそうと言う構想がこの2月に発表となり、CDPNと協力関係にあるNPOまちぽっとさんからお声がけを頂き、「新宿区自治基本条例区民討議会」のプロポーザルに参加することとなりました。事業者としてはNPOまちぽっとさんの名前でプロポーザルの参加申請をして、見事審査に通りました。有識者として私、小針憲一、代表の吉田純夫、事務局として町田JCのOGで町田市民討議会の立役者である副部会長重南裕子が参加します。実際には、市民討議会推進ネットワークのメンバーが中心となって実行委員会(準備会)を運営していくことになると思います。

 今回の市民討議会の特徴は、

1.自治基本条例の具体的な内容に踏み込んでの討議になる可能性が高く、おそらく本格的に自治基本条例制定に市民討議会が活用された日本初の事例になる可能性が高い。(前文については討議された実績が他にある)

2.開催準備(約2ヶ月)および報告書作成(開催後20日以内に作成)の最短記録となる可能性が高い。

3.新宿区からの委託により事業者として有償で運営を行う。当会としては本格的な有償委託は始めてである。

といった事があげられると思います。今後、NPO法人化を目指す我々としては、きちんと仕事をして、PRの足がかりにしたいところです。
4月上旬より実行委員会が発足する予定になっています。本ブログでも、可能な範囲で情報をお伝えしていきたいと思いますのでお楽しみに。
posted by こばりけんいち at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36632235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック