2011年03月27日

復興の歩みを!

かなりのブランクになってしまいました。

この間、市民討議会推進ネットワークのNPO法人化や市民討議会全国調査の追い込み、
4回市民討議会見本市の開催などがあり、本当に大変な忙しさでした。
さあ、そろそろブ
ログを久しぶりに書くかなあと思っていた矢先に、東北・関東大震災が起こりました。

 ここに、今回の災害でお亡くなりになった全ての方々のご冥福をお祈りするとともに、

被災していまだ苦難の日々を過ごしていらっしゃる方に心からお見舞い申し上げます。


 私にとって東北は第二の故郷のような所です。父の実家が福島県のいわき郡にあり、県内各地に親戚も多く、小さいころからしょっちゅう遊びに行っていました。
今回の震災で、親戚縁者に死傷者は出なかったものの、原発事故のため避難せざるおえない従兄弟もおり、他人事ではありません。
また、中学の時一年間だけではありますが仙台市に住んでいたことがあります。仙台市が火の海になっているテレビ中継を見たときは呆然となり、涙が出ました。

 いまだ被災した方々の処遇も決まらず、原発事故も予断を許さない状況が続いており、先が見えない状況ではありますが、この現実に今後どのように立ち向かっていくかでこれからの日本の運命が決まると思っています。続きを読む
posted by こばりけんいち at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民討議会の考察